ホーム  >  越生 康之

IMG_7284_edited_edited_edited.jpg

​Mind

​越生 康之

KOSHIO YASUYUKI

1958年2月生まれ 水瓶座 血液型B型

京都市立芸術大学卒

Mind

マインド=人格、法人格の源泉

​座右の銘

​過ちたるを改むるに憚ることなかれ

  • 伝達力 (文章力/広告力/取材&ナレッジ)

  • 表現品質 (京都芸大→リクルートTOP)

  • 講師力 (NGKコンサルタント/メンター)

​目次

​自己紹介

 

大きく分けて、私の「ウリ」は3つです。

1.jpg
1.jpg
2.jpg

ひとつは、企業経営のマインド=理念、従業員のマインド=モチベーションといったテーマを40年にわたって探求し、多くの知見を得てきたこと。

2つ目は引き出しの多さ。

ワンストップソリューションが信条で、「こいつに相談したらなんでも解決するな」と思っていただけること。

そして3つ目が健康。愛情、土壇場力、突破力の源泉です。

クリエイティブの原点は、手塚治虫師匠。彼の「愛情」溢れる作品を愛して育ち、一人の妹、親、家族、友人を愛し、顧客を愛して生きています。私を突き動かすのは、いつも「愛」のエネルギーです。

5.jpg
2.jpg
3.jpg
6_edited.jpg

巨大な人形と化して京都市内を練り歩く私。学生時代はデザインを学び、「野球部」と「軽音楽部」を楽しみました。

4.jpg
5.jpg

私のキャリアの始まりは1982年。新卒でリクルートに入社しました。大阪支社配属でした(新大阪駅前の当時のビルです)。
リクルート時代は、「質」「量」ともに突き抜けたトップクリエイターでした。

リクルートでは、企業広告のクリエイターとして3年目には担当企業数全国一となり、4年目、5年目には、全国最優秀制作賞を連続受賞。
とにかく、文章もデザインも企画も、クリエイティブには絶対の自信がありました。

こうして企業情報誌の編集長に昇進した私は、30歳台前半までのたった10年間の間に、大企業から中小企業までおよそ1,000人もの企業経営者の方のお話を直接お伺いする機会に恵まれました。

独立してからは企業経営者を直接サポートできる立場、ということは必然的に中小企業中心に、常に企業経営者をサポートする立場であり続けました。
リクルート時代から大きく変わったのは、一つの会社と最低3年のおつきあいをする、つまり深く関わり、ソリューションの成果に責任を持つようになったことです。

通算40年のビジネスキャリアを通じて増やしてきた引き出しは、「発想力」「企画力」「取材力」「クリエイティブ」「文章力」「速筆力」「コミュニケーション(メンタリング)」「講師力」など多岐に渡ります。
そんな「ワンストップソリューション人材」を、ぜひ貴社の即戦力としてご活用いただきたいと願っています。

引き出しの多さは、「多芸」という側面もあり、現時点で以下のようなものがあります。
祖父から学んだ「書道」は二段。
段位はともかく、実践的な楷書、行書ならお任せください。
現在は「万年筆字」も探求し、こちらは英文にも対応しています。

京都市立芸大在学時代からやってきた「デザイン」は仕事に直接生かしており、むしろ中学、高校の美術教員免許に恥じない絵画の指導力にご期待ください。音楽は「ギター」「ピアノ」をマスターしていて、「弾き語り」のライブ活動をしています。

7.jpg
8.jpg

ギターは少年時代からですが、ピアノを始めたのは50歳を過ぎてから。何かを始めるのに遅すぎるということはないのです。

仕事で必要な「スピーチ力」「プレゼンノウハウ」「文章力」などと合わせると、私ひとりでコーチできるレッスンは12もあります。ひそかにパワーアップしたい社長さまへの「ワンストップコーチ」として、私をご活用いただき、社長さまの人生をますます充実した楽しい毎日にできれば最高です!

日本全国、どこにでも。呼んでいただければ駆けつけます!

​座右の銘

 

過ちたるを改むるに憚ることなかれ

人は、人である以上、どうしたって過ちを犯します。

そんな時、「間違いを認めるのがカッコ悪い」と、くだらないプライドで自分の明らかな間違いを認めないカッコ悪い大人がたくさんいます。

私が苦手なのは、そんな人。間違いをすぐ修正したら成長できるのに。勿体ない話です。

人は、素直でありさえすれば、幾つになっても成長できると思っています。

こんな相談も遠慮なくどうぞ

 

従業員教育は私の専門の一つですが、お子さんの教育に関しても、ひょっとするとご相談に乗ることができるかもしれません。

例えば、子育ての過程に、私は「塾」というものを使いませんでした。「日本の教育はおかしい、塾がないと進学できないなんておかしい」と言う人は多くても、みんな背に腹は変えられずに仕方なく塾に頼ってしまっています。私は妻と方針を決め、本来の「しつけ」「習慣づけ」「自立思考」を家庭教育主体で実践し、学校とはしっかり連携して、二人の子を愛情たっぷりに育てました。結果、息子は塾なしで東大文Ⅱに現役合格、娘はある東証一部上場企業の総合職へ。どれだけ社会に貢献できる人になるかは今後の本人次第ですが、少なくとも明るい家庭と学校教育との信頼関係があれば塾などいらないんだということだけは証明したつもりです。

子どもの自立のために必要なものは、まず「方針の決定」とそれを貫く「親の覚悟」だと思います。
親が、子への「押し付け」「過干渉」「過保護」から卒業し、子どもを自立に向けてしっかり見守る覚悟です。

それがあれば、常に愛に溢れ「安心基地」の役割を果たす家庭、「探求の場」「社会性を養う場」としての学校、そして他者という存在を教えてくれる友人たちの「三本の矢」が子どもを折れない強さにしてくれる。

その日々を親は「ここ一番」での登場以外は、ひたすら子どもを見守り続けるのが役割ではないでしょうか。ちなみに、従業員教育における三本の矢は?親・家庭に当たるものが社長ご自身、学校に当たるものが会社、そしてありがたくも友人の役割を果たしてくれるのが「取引先」や「顧客」だと置き換えられないでしょうか?

11.jpg

どんな時でも、笑顔で。そんな過程で子どもたちを育てました。

 

プライベートサポート ~ 社長のたしなみ ~

ひそかに、いつの間にか、よりカッコいい社長へ!
コーチは一人だから、伸ばしたいものはいくつでも注文可能!

「最近の社長のスピーチすごくない?ビンビン心に響いてくるんだけど」
「社長からのメール、指示や目的がすごく明確。
文章力も半端ないでしょ?」
「社長のホワイトボードの板書、凄いよね、
もすごくわかりやすいし」
「誕生日に社長から直筆の手紙いただいた。
センスと字のうまさに感動!」
「社長の家にお邪魔したけど、自分で描いたという
絵、これがすごいんだ
「え〜っ!社長って
弾き語りできるんですかあ?しかも、ギターピアノも?」

経営者は、忙しいんです。

忙しくても「自分を高め続けたい」

そんな貪欲な方が多いです。
 

コーチは一人ですが、最大12個のレッスン。

コーチが一人だから、その日の気分に合わせて自由に。
 

「平日夜はリモートレッスン&休日は出張レッスン」で、伸ばしたくて、いつからかあきらめていた才能の全てが、信じられないスピードで、面白いように伸び始めます。

結果、従業員からのリスペクト、人望がさらに集まって、揺るぎないライフワーク、生きがいも大きくなっていく。

帰宅後の時間、休みの日を楽しく使って、よりカッコいい経営者像を実現しませんか。

担当コーチは、越生康之。

取り組んでみたいレッスンを

ワンストップでコーチします!

レッスン科目はこちら

12種のプライベートレッスン、
いくつ欲張っても同料金です。

① ホワイトボード板書術(ファシリテーショングラフィック) 

② すべらないスピーチ

③ プレゼンパワーアップ

※業務に直結。上記以外のスキルアップもご相談ください
④ 文章力向上 

⑤ 実用書道(楷書/行書)

⑥ 万年筆字(手紙/英文字)
※業務にもプライベートにも生涯役立つスキルです。
⑦ 絵手紙/俳画

⑧ 水彩画/水墨画 

⑨ イラストレーション/似顔絵
※趣味を本格的に。様々な絵画のスタイルに対応いたします。
⑩ ピアノ弾き語り

⑪ ギター弾き語り

⑫ 楽器指導(ギター/ピアノ)
※弾き語り以外の「楽器指導のみ」は初心者に限ります。

​私の指導レベルを確認していただくため、ギャラリーページを設けました。

​是非ご覧ください。