• 康之 越生

寅さんは行き当たりばったりで宿にありついていた、わたくし、それをやってみたかったのでございます。

最終更新: 5月16日

Auto-Workation Office No.002 & 003 & 004

オートワーケーションと言うからには、場所は自由に移動しても、オフィスは「車」です。

経営を楽にしようと思えば、経費節減を心がけますよね。すなわち、遠方に来ても「車中泊」が最もお金がかかりません。

しかし2月3日夜に大阪を出て、車の中での仮眠だけで那智勝浦まで来た今回の場合、4日の夜は足を伸ばしてゆっくり眠りたくなりました。そこで見つけたのが、小さな宿「ニーチェ」です。一階で喫茶店(写真)を営んでおられる様子だったので、入ってみるとおそらくオーナーの趣味でしょうかね、バイクが数台飾ってあります。なかなかいい雰囲気です。今夜泊まれるかと聞いてみると、他に誰も宿泊客がいないので貸切で泊まれると。値段も、駐車代はタダ、あり合わせとご謙遜される夕食と翌朝の朝食が2食もついて5,800円いうので即決。お世話になることにしたのでした。

事務所ナンバー002「小さな宿の小さなオフィス」

部屋はフローリングの洋室。一人で泊まる分には十分な広さで、窓も大きくて。 まだ陽の高いうちに着いたので、早速お仕事を開始。小さな宿の小さなオフィスで、集中して6時間ほど、頑張りました。 オートワーケーションの場合、オフィスは3種類の使い分けです。 一つ目のオフィスは言うまでもなく「車の中」。車の中が窮屈に感じるときは、「道の駅」を使います。これらの「オフィス」はもちろん住所不定です。

二つ目のオフィスは、自宅1階の書斎。ここだけに固定した住所があり、郵便物はここに届けていただきます。風呂も寝室で寝るのもタダなので、近場でオートワーケーションするときには、夜は自宅に帰ってくるのがリーズナブルです。 そして3つ目のオフィスが、自宅に戻れない遠方でのオートワーケーションで車中泊に耐え難い時、もしくは経費に余裕があるときに選択する「宿の部屋」です。

事務所ナンバー003「美山温泉のリーズナブルな和室」

予定未定で旅だった最初のオートワーケーションでは、全くの無計画ゆえに、和歌山の内陸部に入り込んで行ってしまい、日没を迎えてしまいました。山道を彷徨っていると、「美山温泉」に行き当たり、こんな素敵な和室で夜露をしのぐことに相成りました。

コロナ禍に苦しむ業種の中でも、宿泊業は最たるものの一つです。宿泊価格をいくら下げても、今は「満室」となるのは難しいでしょう。この宿もやはり空室だらけで、大歓迎された次第です。 立派な和室に、温泉付き。駐車場無料で翌日の朝食をつけていただいて4,800円、破格だと思います。


事務所ナンバー004「奈良県大宇陀・椿寿荘(ちんじゅそう)」

2月に利用した「第三のオフィス」の中で最も感動したのが、奈良県は大宇陀は本郷鉱泉で営業されておられる椿寿荘でした。

宿の前の景色も素晴らしく、ゆっくりできそうだったので宿泊を希望しましたら、コロナ禍の中、宇陀市から宿泊業支援の予算が出ているからとおっしゃって、驚いたことに素泊まりなら一泊おみやげ付きでなんと2,000円と言うではありませんか。

あまりの安さに申し訳なく、当日では夕食は用意できないと言うことでしたので、もう一泊して夕食をつけてもらうことにしました。一泊して出かけ、夕刻帰って来ますと、この「歓迎」ぶり。

他のお客様の名前がないので、施設全体私一人の貸切利用です。

せっかくの「貸切」ですので、温泉には2日間で四度入らせていただきました。 2泊目の夕食には、なんと「飲み放題」の設定があると言うのでそれをつけてもらい、さらに翌日朝食もついて、駐車場代は無料。なんと2泊で7,000円でした。 この、椿寿荘さんの夕食付き飲み放題つき朝食付きお土産付きの破格さは、滅多にないものだと思います。と言うより、こんな価格設定では到底営業を続けていけないでしょう。コロナ禍の異常事態だから、予約せずともこのような「買い手市場」を経験したわけですが、今後正常な世の中に戻れば、「じゃらん」などの宿予約サイトを利用する方がリスクが少ないので私もそうすると思います。

ちなみに実際現時点で色々検索してみましても、夕食をつけると各地とも6,000円未満で泊まれる宿は見つけにくいように思います。旅館は特に、夕食の提供が単価アップの切り札ですからね。 しかし朝食のみをつける設定では、素泊まりとあまり変わらない5,000円未満の価格設定の宿は比較的簡単に見つかります。

何を申し上げたいか。安く旅をしたいなら、旅館や民宿の朝食付きプランが素泊まりとあまり変わりなく、結局は最もお得だと言うことです。旅館の朝食は、ご飯が美味しく、おかわり自由。朝たくさんいただくことは、「活力ある一日」と「三度の食費トータル金額低減」の一挙両得なのです。 <オートワーケーション経費メモ>

2月に利用した旅館3軒4泊の宿泊料、温泉利用料、駐車場代、夕食2食、朝食4食全部合わせて1万7,600円也



19回の閲覧0件のコメント